HOME >  独立支援

独立支援

ユニットライセンス制度

ユニットライセンス制度のメリット

ユニットライセンス制度メリット

 

加盟契約概要

【基本費用】

加盟金 研修費 保証金 店舗内内装・設備 仕入代金など
100万円 0円 100万円 0円 100万円

【その他にかかる費用】

ライセンス料 設備費 経理サポートシステム(有料) 
固定:月額5万円(税抜) ユニット料(貸出料)として毎月、家賃・機器使用料などをいただきます。店舗により異なります。 毎月の帳簿整理から計数管理など、経理全般にわたって、
細やかにアドバイスいたします。

 

開業までのプロセス

独立ステップ

 

実績紹介

新門-SHIMON-宇都宮店 店主:荒井

にぎり屋 新門-SHIMON- 宇都宮店  店主: 荒井 正 -Arai Tadashi-


栃木県の足利市の料亭 菊水で料理を覚え、宇都宮のパレスホテルの料理長後、宇都宮割烹吉浜を経て、2012年8月より株式会社RECITYに入社。にぎり屋新門宇都宮店の店長兼料理長に就任。
実は入社の動機も「いつか新門の様なお店をやるのが夢だったんです。カウンターだけ、自分が見れるぎりぎりの客数で、来店していただいたお客様に感動を与える…」
入社してすぐに料理長に就任、すこしずつすこしずつお店に変化を加えて行き、時には当時の店長とぶつかりながら、着実に常連客を掴んで行きました。自分がお店の顔となり店長にも就任しました。そんな中、「自分の中で独立し自分でお店を切り盛りしたい。」そんな想いがふつふつと湧いてきました。社長に相談しようかと悩んでいましたが、まとまったお金もない中でなかなか相談もできず半分あきらめていました。しかしある日、会社の方から「やってみないか?」と声がかかり、そこからはとんとん拍子で話が進みました。当然不安もありましたが、社長と色々と話す中で 最終的には独立の道を選びました。心配していた初期投資や開業前仕入れも会社でかなり融通してくれて助かりましたし、ライセンス契約を結んだ後も経理面や 労務面でもかなり助けて頂きました。今では本当に独立してよかったと思っています。
「お客様に感動を与える」これが私のモットーです。組織は違えど想いはRECITYと共通しています。お客様に出会うことにより、感動が生まれます。新門に来たならば出来る限り、感動をして帰って頂きたい考えております。 新門という看板でライセンス契約をしながら、それでも自分なりに独自の色を出して、日々の営業に精進しております。

 

社内独立制度

社内独立制度の特徴

独立タイプ

 

独立制度の資格・条件

資格は特に必要ありません。役員会の審査で承認された社員。

 

実績

 
Goemon Ramen Bar 店主:笹生

Goemon Ramen Bar/Brighton  店主: 笹生 類 -Sasou Rui-


社内独立制度を使い2014年8月、イギリスにラーメン屋をオープンしました。
海外での日本食ブームは、何年も前から知っていましたが、あるテレビ番組で、日本食ブームに乗り、日本食とは名ばかりの料理を提供する店が、海外で人気を博しているのを知りました。
その番組のコメンテーター同様、私も残念な気持ちでしたが、一緒になって残念がるのではなく、自分に何か出来ないかと考えたのが、独立を考えた最初のきっかけです。
漠然としていたものの、海外で自分の店を持ちたいという思いは日に日に強くなり、相手にされないのを覚悟で代表の杉本に相談したところ、心よく面談の場を設けてもらえました。
面談では、自分なりに事業計画を考えていたつもりでしたが、もっと考え混まなければいけない点、海外で自分の店を持つために必要な手続き、資格等、当時の自分に不足していた部分、やらなくてはいけない事が、はっきりと明確になりました。
不安な事もありましたが、その後の研修や面談でのアドバイスのおかげで、自信を持ってイギリスに自分のお店を開くことができました。

 

copyright© 2017 RECITY(リシティ) All rights reserved.